夜分ヶ通信所

びぼろく

イタリア旅行記:第三~四日

1日でヴェネツィアに完全に骨抜きにされ「移動したくない!ココに住む!!」と言い張っても計画が変わるわけはなく、慌ただしく荷物をまとめて駅へ行く。

本日はフィレンツェまで特急で向かう。

割と快適な車内。2等なんていうから超満員みたいなのを想像していたけど、グリーン車に対する2等だもんね。

なおスーツケースはデッキに積んであって、盗られないかヒヤヒヤしていた。海外だからかなり疑心暗鬼になっている。日本じゃ放置して爆睡してるくせにー

カナリ田舎な車窓から。都会の間はかなり小規模で、岐阜~京都的な世界を想起する

 車内販売の類はなし。売店は有るらしいけど。あとトイレの洗面水が雀の涙かよってレベルで流れなくて焦った。

 

そして…

フィレンツェに到着。

◆2015/08/13 11:30 フィレンツェ

ヴェネツィアとはガラッと代わり、車が盛大に走っている都市感あふれる光景だ。

場所によっては石畳でその辺がヨーロッパっぽい。

勿論建物は殆ど石造りで、歩いているだけでも何時の時代なんだか一寸迷う。

 

ココからは永遠とフィレンツェの名所を巡っているので簡単なメモを張りながら写真を貼りまくっていく。

 

メディチ家礼拝堂

メディチ家っていうのは金持ちの家系で、この町の芸術家達のスポンサーとなっていた人だという。お陰で有名クリエイターが大量に集まり、有名作品を生み出したのだ…ということだ。そんな一族の眠る礼拝堂。

「天井が高い!!」というのが最初の感想。そして、この天井はこの先どんどん高さのインフレを起こしていくことになる。

 

◆ドゥオーモ

水曜どうでしょう」で見たこと有る…!

ヨーロッパ二十ヶ国完全制覇、第二夜で登場したのがこのドゥオーモだった。

大泉さんたちはこのドームの上に登ったり下で写真を撮っていたりしたね

手前は修復中。修理用の幕も観光地としてのプライドを感じる

ドゥオーモの展望台と、近くの鐘楼の展望台が会ったので双方登ることにした。

(観光地に来るといつも高いとこに登るな...)

しかし、古い建物なので基本階段。研究室生活の若体に鞭打ち登らなくては…

途中にはこんな休憩地点が。網の下は10メートルくらいの穴というハートフルな設計が心に刺さる。僕は2回位ジャンプしたら子供に譲った。存分に跳ねるがいいさ…!本当の畏れと出会う前にな…!

狭い道。

そのまま「ダークソウル」当たりに出てきそうな通路。

そしてこれを抜けていくと…!

たっけぇ!

さすが観光地。すべての建物が中世から停止されているかのよう。

1つのブロックは長方形の縁の部分に建物が連なって、真ん中の中庭が共有されているようだった。奥の方は山に囲まれていて、なんだか京都みたいだった。ココでもやはり高い建物は時計塔か鐘楼。近代的なものは一切なかったのが印象。

 

ここで一旦ホテルに戻り、(Wifiでネットができるので家族全員が黙る)夜になって御飯を食べに出かける。目当てのところがあっのだけど閉まっており、裏路地だし怖い絶対ゴロツキに見つかる身ぐるみ剥がされて乱暴されてしまうと貞操とネタの間を彷徨っているところで見つけた食堂に入り込んだ

家庭料理という感じ。イタリアの料理は…味が…薄いんだな...

本日のビール。イタリアではビールとポテトとスープを毎回頼む人になってる

これは普通のラガーという感じでまぁまぁ。

イタリアの路地かくあるべし。黄色く染まるのがいいな

 

 

2015/08/14

フィレンツェ二日目は伊達政宗像からスタート!

 

博物館

こんな彫刻が廊下に大量に並んでいた。これぞ中世…

この乳のシワ表現をフェチと呼ばずしてなんと呼ぶんだろう…もう皆コレそういうところを描きたくてやってるんじゃないかと思えてくる

 

薄い布フェチ。

このおっさんすき

「ヴィーナス誕生」とか有名な作品も多くあり、「教科書とかで見たやつだ…」って作品が山のように出てくるのは変な気分がする。宗教画であるけど、要はキリスト教の二次作品と考えると、昔のPixivを見ているようで、作者の趣味や作成背景がうっすらわかってたのしかった。

 

突然のおむすび

普通の路地が絵になるってのはすごいな

今日のお昼。サンドイッチ的なもの。

余談だがこの店の男子トイレ、地面に埋め込まれている便器の上に島のように足を載せる部分があり、ほぼ和式みたいな感じでびっくりした。あれは二度と使いたくない...

 

近くの橋。

とにかく装飾しないと気がすまないのか

マネキンが無駄にスタイリッシュだとおもた。どの店もそんな感じ

こんな店をひやかしながらあるいた

実際のところ豆本の店や雑貨に幾つか目星をつけていたのだけど、悉く8月の休暇で閉まっていた。観光地とかどうでもいいノリで堂々休むんだな…

 

◆15:00 アカデミア美術館

あれが…

ダビデ像を見る。

やだ、たくましすぎる…

予想の5倍位大きくて骨抜かれそうだ

剛毛過ぎやしやせんかね…(何がとは言わない)

臀部がすごいなと思う

夜のヴェッキオ橋

多分どうでしょうで大泉さん達が写真とってたとこ

本日の夜御飯。何も考えずにビールを注文したら1パインドで来たンだが…

この店のおじさんがずっと

観光客は多かったからイタリア感はしなかったが、レストランやお店などでは店員がすごいオープンだなという印象を感じる。馴れ馴れしいとかではなくて、必要以上にへりくだったりしないところとか…何も言わないと最大サイズでビールもってくるところとか…(白目)

 

とにかくフィレンツェは街中どの建物でも彫刻がボンボン立っていて、東京とはやっぱ違うよなぁって思う。

 

そういえば帰るときに酔っぱらいの若者たちに囲まれて一緒に写真をとった。

酔っぱらいはドコモ一緒だよなと思った

 

そうやって1日は更けていった。確かジェラートを帰りに食べて美味しかったのを覚えている。

 

石畳は歩きにくいが道は道として歩ける。