夜分ヶ通信所

びぼろく

イタリア旅行記:第二日

<2015年8月12日 7:00>

◆ホテル ベリーニ

遠くの海外に行って直ぐ問題になることといえば、時差なんだけど、欧州は7時間ほどのズレが有るため、ちょうど1睡眠単位で時間がずれる。ホテルに付いた時点で東京なら朝まで夜ふかしをしたことになり、当然すぐには眠り起きることができない…

 

と思ったのだけど、普通についた途端現地の睡眠ペースで起きることができた。

昼夜逆転のクセがこんなところで役に立つとは…

 

宿の上から見た朝。屋根一面の茶色が異国を意識させる。飛び交う鳥もカラスじゃなくてカモメな辺りが無駄に洒落た感じを醸し出す。

ちなみにこの宿のエレベータのドアギロチンみたいに開閉するからとても怖かった。

 

◆9:00 大運河・駅前

というわけでホテルを出て、全力で歩き出すとしよう。

ヴェネツィアは街全体が島なのだけど、その内部を大きな運河が蛇行して走っている。これが幹線道路の役割を果たしていて、ゴンドラや荷物運搬の船が往来しているのだ。というわけで、街の中心に行くためにヴァボレット(水上路線バス)に乗って運河を進む。

陸路はこんな感じ。車社会を歴史で殴りつけていくスタイル

こうやって、細い道はゴンドラ専用のマークや標識がある。ARIAでもこういう道、たくさん出てきたね。他にもお馴染みの色付きポールなどもたくさんあった。

船やゴンドラが軽快に通って行く。若い兄ちゃんもハゲたオッサンも皆船を操ってるんだけど、なんかかっこよく見える。

ここが街の中心、サン・マルコ広場

今後もイタリアでは様々な場所で広場が出てくることになる。協会とセットで広場が作られることが多いからね。昔の井戸端みたいなものだろう。こんな規模で。

この広場の構図は、ARIAでも使われていて

ほら。完全に一致でとてもテンションが上がる

 海の方がとても綺麗だ。レイヤーのように様々な船が行き交う様がずっと飽きずに見ていられる。

で、次に鐘楼にのぼる。

エレベーターレッツゴー

色彩がニホンじゃ絶対見れない。近代を排して昔から変わってないのだろうな。

タイムスリップのような不思議な気分がする。

バリア橋。ARIAの流星群回で出てくるよ

そしてココが姫屋のモデルとなった「ホテル ダニエリ」。

海の面前に構える超高級ホテルらしい。なるほど。それはぜひ泊まってみたいものだ…

ロビーまで潜入した。

ホントにこれホテルなの????逃げ出した

こういう路地の世界すら物語っぽい

市場では色んな野菜や魚がゴロゴロしてた。あと足にゲイシャのタトゥを入れてる人がいた…なんで…

昼ごはんメモ。快心のビール進撃が始まる...

 

午後どうするか。適当に歩いてもいいんだけど、やはりヴェネツィアに来たというなら…

ゴンドラに乗らないと。

ゴンドラを漕いでくれたのは陽気な兄ちゃん。行き交う人にめっちゃ声をかけてスイスイ進む。これがウンディーネみたいなキレイなお姉さんだったらもう天国だろうね

でもゴンドラのウデマエは見事なもので、狭い路地でもぶつかること無く華麗に進むのは地味にすごいな。ベタすぎて乗るのどうしようって思ってたけど、やっぱり王道を行かないとだめだね。手のひら回していこう

仮面。これはお祭りでつけるやつだ。家用に買った。

カフェで音楽を奏でてくれるおじさん。無駄に格好いいな…

カフェは広場にいくつかあり、交代で曲を演奏しているようだった。おしゃれ感だ…ヨーロッパの広場で曲を聴きながら茶をシバイているなんて…

ちなみに曲代なのか€3~4ほど高かった

夕飯メモ。むこうの大衆ビール・モレッティ。飲みやすい白風味

レストランは普通。すこし店員のお姉さんが反応悪かった

 

夜の広場に戻ると、また綺麗にライトアップされていた。

物売りの兄ちゃんたちが謎のLEDヘリコプターや謎のLEDライトを売りまくっていた。

海が近いせいで風もあり、とても雰囲気が出ていた

そうして宿に戻る。

実はその前に近くの酒屋さんでリモンチェッロを買ったりした。その時は1人だったので、なれない英語で店員さんに大量の試飲をさせてもらいつつ、まあ良さそうなのを買った。中学英語だったし向こうは「ウマイ」「アマイ」などの日本語で応酬してきて、とてもスムーズであった。

 

あとホテルの中でペルー人の母娘と喋った。わー可愛いなーお母さんおっぱいおおきいなーと思いながらドア譲ったりニコヤカにアハハハ~とか言えたのでよかったねアキサモ君

 

というわけで駆け足だったヴェネツィアだが、ホントにどこをとってもテーマパークのよう、ここまで物語のような水と空の街だとは思ってなくて、ARIAを思い出しながらひたすら浄化されている一日だった。日本じゃ絶対ない空間で、オッサンは笑いながら船漕ぐし、水面の音はするし、まあ素敵なところでした。ネオ・ヴェネツィアもきっと素敵なところだろうし、これは2300年がたのしみだね。

 

明日は電車でフィレンツェへ。

 

よもやまTips

・ヴァボレットの接岸は最初ガン!で後スイーッと

・自撮り棒の多さ

・鳩をクラッカーなんかで一斉に飛ばす

・レモンジュースがマジでレモンマジで酸っぱい

・行き交うゴンドラの兄弟、兄が「チャイニーズ?」といって弟が「コンニチワ」って行ってた。弟君最高。

・中国人がゴンドラに乗りまくっててもうディズニーのアトラクションかよってくらい並列に並んでいた。

・島の裏側は工場や業務用のドッグが多く、テーマパークの裏側みたいだった